女性におすすめのパーソナルトレーニングジム&フィットネスクラブまとめ » 2019年最新フィットネス事情

2019年最新フィットネス事情

2019年ジムの流行フィットネスは?どんなフィットネスが流行っているのか、気になる2019年最新のフィットネス事情を調べました。初心者の方、経験者の方どなたでも楽しめるフィットネスの特徴と口コミをまとめています。

エステ付きジム

文字通りエステサロンが併設されトレーニングジムです。運動や食事管理でボディメイクを行うだけではなく、エステメニューも受けられます。筋肉や脂肪をほぐし、全身の血行を良くして身体の代謝機能が高まった状態でトレーニングすると、脂肪が効率良く燃焼しやすくなる状態になります。

スキンケアやトリートメントメニューを利用すれば、肌の調子を整えながら身体を引き締められるでしょう。美しさもボディラインも追及できるジムと言えます。エステサロンを併設しているジムであれば探す手間が省けるので、「トレーニングを頑張った自分へのご褒美」として気分転換にエステを試せますよ。

エステ付きジムの口コミ

女性におすすめの
エステ併設ジムをチェック

サーフエクササイズ

サーフボードに乗って全身を鍛えるサーフエクササイズ。サーフィンの動きは、日常生活ではあまり使われない筋肉に対して効果的です。サーフィンの動きを取り入れることで、体幹や全身の筋力を鍛えて、バランス感覚を身に付けます。陸上で行なうので、サーフ経験がない方も楽しめるエクササイズです。

ジムによって種類は違うものの、基本的にはサーフボードの下にバランスボールがついているのがスタンダード。バランスが取りにくい作りになっているため、初めはボードの上に立つことすら難しいかもしれません。慣れてくるとボードの上でステップを踏んだり、スクワットを行なったりします。

サーフエクササイズの良い点は、余計なことを考えずに体幹を鍛えることに集中できること。プロジェクションマッピングを導入しているジムだと、リアルな海辺を映し出すので、プロサーファー気分を味わえます。

サーフエクササイズの口コミ

以前から気になっていたサーフエクササイズを体験。

室温30度以上の空間の中、不安定なサーフボードで動くので大量の汗をかきました。エクササイズではバランスとの戦いでしたが、終わった後の達成感はとても良かったです。

はじめは、恥かしさもあり緊張していたのですが、慣れた頃には緊張もなくなっていました。普段使っていない筋肉を使ったお陰か、サーフエクササイズを体験した翌日は気分がスッキリとしていたので大満足です。スポーツが苦手な方にもおすすめのエクササイズです。

サーフエクササイズ
ができるジムは?

ドラムエクササイズ

ロサンゼルス発祥のドラムエクササイズは、あっという間に全米で話題となり、満を持して日本に上陸しました。大音量の音楽に合わせてドラムステッィクを叩くので、ストレス発散にも期待がもてます。

室内32度、湿度50%と亜熱帯の空間で筋トレと有酸素運動を行なうため、短期間で全身の汗が吹き出します。カロリー消費は45分で600kcal~800kcalと効果は絶大。終わった後の脱力感がクセになることでしょう。

ほとんどのジムでドラムステッィクが用意されていますが、ジムによってはスティックを購入しなければならない場合も。念のため事前にジムに確認しておくのがベスト。

ドラムエクササイズの口コミ

ドラムエクササイズ
ができるジムは?

バレエエクササイズ

女性らしい身体が手に入れられそうだと、バレエエクササイズを取り入れているジムで体験することに。自分の身体の硬さにはショックでしたが、バレエエクササイズを続けていると柔らかくなりそうだと希望も抱きました。

普段使っていない筋肉を使ったので、汗が凄かったです。周りを見るとみんな私と同じように汗をかいていました。インストラクターさんのような美ボディ目指して頑張ります。

バレエエクササイズの口コミ

バレエ経験がないので付いていけるか心配でしたが、 レッスンが始まる前にインストラクターさんが動きを丁寧に教えてくれたお陰で何とか付いていけました。

レッスン後の汗を見て、これは効果がありそうだと前向きな気持ちに。何だか身体も軽くなったように感じます。バレエの動きが姿勢改善に繋がると聞いたので、改善に繋がるように続けていきたいと思いました。

バレエエクササイズ
ができるジムは?

HIIT(高強度インターバルトレーニング)

高負荷の運動と低負荷の運動を交互に取り入れたトレーニングをインターバルトレーニングと言いますが、HIIT(高度インターバルトレーニング)は、名前の通りさらにその強度を高めたもの。

数種類の運動を各20秒に収め、そしてその後20秒休んでまた運動を数回繰り返すトレーニングです。有酸素運動よりも脂肪燃焼効率の持続性が高いため、翌日まで脂肪燃焼が続くと言われています。

身体機能や心肺機能、基礎代謝を向上させる効果があり、ダイエット・筋トレとさまざま目的に応じる凡庸性の高いフィットネスです。HIITはさまざまなジムがプログラムとして組んでいます。自分の目的や内容を明確にして、自分にあったジムを選択すると、より効率よくHIITを行なうことができるでしょう。

HIIT(高強度インターバルトレーニング)の口コミ

自宅近くのジムで半年前からHIITを週1、2回行なっています。プログラム内容自体は単純。全力の運動の後に少し休憩、そしてまた運動…その繰り返し。ただこの繰り返しがとても辛く、半年経った今でもHIITが終わった後は、床に座り込んでしまいます。

ときには吐き気を催すことも。体調によっては控えた方が良い日もあるかもしれません。持病がある方は、事前に医師に相談することをおすすめします。

キツイ運動ではありますが、半年経った現在、身体のキレや持久力が向上したのがわかります。持続してやっていくと、確実に効果が出るものだと身をもって言えるフィットネスです。およそ10分足らずで終わるので、忙しい方には向いているかもしれません。

VRエクササイズ

VRエクササイズはヘッドセットを頭に装着した状態で、VR映像を見ながらゲーム感覚で身体を鍛えるエクササイズです。専用マシンにうつぶせに乗って体幹を鍛えるタイプや、スクリーンに映し出されたVRを見ながらエアロバイクを漕ぐ「VRサイクル」と呼ばれるタイプもあります。いずれもバーチャル空間の中で、楽しみながらトレーニングできるのが魅力です。

「辛くてしんどいエクササイズは苦手…」という方でも、さまざまなシチュエーションの映像をクリアしていくので、いつの間にか終わったというくらい集中してトレーニングできるでしょう。ゲームをクリアした達成感とトレーニングをやり切った達成感が味わえます。ジムによっては、映画館なみのスクリーンとサウンドシステムを導入している所があります。

VRエクササイズの口コミ

暗闇エクササイズ

暗闇エクササイズの特徴は、何といっても「非日常空間」でエクササイズができることです。暗い空間をさまざまな色のライトが照らし、気分の上がるアップテンポな音楽がかかる中でエクササイズを行います。腹筋やスクワットといったよくある筋トレから、エアロバイクにキックボクシングなどまで、メニューはさまざま。

どのメニューも音楽に合わせて行うので、クラブやライブなど音楽イベントが好きな方にピッタリなエクササイズです。暗闇なので、苦悶の顔やすっぴんの顔を気にせずトレーニングできることも人気を得ている理由のひとつなのだとか。楽しみながら思い切り身体を動かして、理想のボディに近づけます。

暗闇エクササイズの口コミ

暗闇エクササイズを体験できるジムを探す

ジャンピングフィットネス

ジャンピングフィットネスは、トランポリンを使ったフィットネスです。バランスを取るために腰を落として踏み込むので、自然と体幹が鍛えられるでしょう。ジムでは1人用のトランポリンが並び、インストラクターが上下左右にステップしたり、ひねったりと体の動かし方をレクチャーしてくれます。

最初は簡単なエクササイズを行って慣れたら、ダンス要素をふんだんに取り入れたものや、筋トレ・格闘技系の動きを取り入れたものなど、徐々にステップアップ。音楽に合わせて身体を動かし、楽しみながら全身をトレーニングできます。トランポリンは衝撃を吸収するので、足腰への負担を軽減してくれるのだそう。無理なく身体を動かせるのも魅力です。

ジャンピングフィットネスの口コミ

PAGE TOP