HOME » 下半身痩せにはパーソナルトレーニングがおすすめ » 美しいくびれを作るには

美しいくびれを作るには

くびれをつくる方法

スッキリとしたくびれを手に入れるなら、筋トレが必要不可欠です。しかし、どうやってトレーニングすればいいのかわからない、と言う人も多いでしょう。くびれの作り方やくびれができない原因など、気になるくびれの情報をまとめてみました。

くびれを作るのに必要な筋肉は2つ

キレイなくびれを作るために鍛えるべき筋肉は、腹斜筋です。腹斜筋はお腹の側面にあり、2種類の筋肉で成り立っています。

ろっ骨の外側から斜め下に向かってあるのが外腹斜筋で、骨盤からろっ骨に向かってあるのが内腹斜筋です。この2つの筋肉をバランスよく鍛えれば、美しいくびれを作ることができます。

「くびれを作りたいなら、腹筋すればいいじゃない!」という方もいるでしょう。しかし、腹筋で鍛えられるのは腹直筋という、お腹の真ん中に位置する筋肉だけ。ひねりや曲げといった動作を加えることでキレイなくびれは作られます。

くびれを作るトレーニングをするなら、クロスクランチがおすすめ。通常の腹筋とは違い、上体を起こす際に対角線上に位置するヒジとひざを使づけるような動作をする筋トレです。ただし、筋トレは正しいフォームでやらないと意味がありません。

自己流だと効果が半減する可能性もあります。効果的にトレーニングするならプロの手を借りてやったほうがいいでしょう。

くびれができないのはナゼ?

くびれができない原因には、腹筋の衰えと体脂肪のつきすぎが挙げられます。腹筋は外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋・腹直筋の4つからなり、とくに外腹斜筋・内腹斜筋は天然のコルセットとも呼ばれお腹の左右を引き締める大切な役割があるのです。くびれ作りに欠かせません。

これら腹筋が衰える原因には、デスクワークやスマホの長時間利用があります。前かがみの姿勢が長時間続くじょうたいだと、猫背がクセづいてしまい腹筋が使われなくなります。その結果、筋肉が衰えてくびれができにくくなるのです。

体脂肪がお腹周りにつきすぎると、腰回りとのサイズさが近づいてしまいくびれが目立たなくなります。とくに毎日お菓子を食べる人や運動をしない人は体脂肪がつきやすいので注意が必要です。

賢くくびれを手に入れるならパーソナルトレーニングジムがおすすめ

短期間でキレイなくびれを作りたいなら、トレーニング+食事管理が不可欠。そのふたつをしっかり管理してくれるのがパーソナルトレーニングジムで、トレーニングや食事管理に関する専門的な知識をもったプロのトレーナーが指導してくれるので、効率良くくびれを作ることができます。

一度、徹底した指導を受けて正しい知識を身に付ければ、一生ものの知識を得ることができます。綺麗なくびれ作りに困っている人やこれから体づくりをしたい人は、パーソナルトレーニングジムを利用するべきでしょう。

女性に評判の東京のボディメイクジムをチェック!

PAGE TOP