HOME » 自分に合ったジムの選び方【知っておくべきポイント】 » トレーナーとインストラクターの違い

トレーナーとインストラクターの違い

スポーツトレーナーとインストラクターの違いを解説。二つの仕事の役割や指導内容の違いについてご紹介します。

スポーツトレーナーとインストラクターの違い

フィットネスクラブなどの情報を調べていると、指導者を表すのに「トレーナー」と「インストラクター」の両方の名称が使われています。呼び方が違うだけで役割は同じだと思っている方も多いですが、実は役割は異なります。

スポーツトレーナーの役割

スポーツトレーナーは、柔道整復師などの有資格者が多く、おもにスポーツ選手やアスリートが最高のパフォーマンスができるようにサポートするエキスパートをさします。仕事内容は、健康や体調管理、トレーニングメニューの作成、リハビリ、応急処置、栄養指導などさまざま。基本的に選手のケアをするので、スポーツの経験者で信頼性が重視されます。そのため、有資格者が採用されるのが原則です。

民間のフィットネスクラブ、実業団のスポーツジム、スポーツチーム、プロスポーツチームなどが主な活躍の場です。フィットネスクラブなどでは、筋トレマシンの使い方を指導したり、体の痛みや負傷に対する応急処置を行ったりしています。

インストラクターの役割

フィットネスクラブでよく見かけるのはスポーツインストラクターです。スポーツトレーナーと同じく、スポーツをする人のサポートを行いますが、無資格でも採用されます。年齢や運動歴、体力、目標に適したメニューを作成したり、トレーニング方法を指導するのがメインで、目標達成までサポートしていきます。

施設によっては、オーダーメイドでメニュー作成をすることもありますが、多くの場合は、マニュアルに沿ってレッスンを組んでいきます。利用者よりも高い技術や豊富な知識が求められますが、基本的には無資格でもスポーツインストラクターとして働くことができます。

スポーツトレーナーとインストラクターどちらが良い?

ここで気になるのが、トレーナーとインストラクターのどちらの指導を受けるべきか、ということ。有資格者のトレーナーの方が質の高い指導が受けられるのではないかと思いがちですが、一概にそうとも言えません。プロフィールでしっかりとした指導実績が掲載されているかどうか、トレーニングのポリシーをしっかり持っているかどうかが大切です。

とはいえ、その日によってインストラクターが入れ替わるようなフィットネスクラブよりは、指導コンセプトが確立されているマンツーマントレーニングを受ける方が、外れる確率は少ないかもしれませんね。

PAGE TOP