HOME » 自分に合ったジムの選び方【知っておくべきポイント】 » パーソナルトレーニングとフィットネスの違い

パーソナルトレーニングとフィットネスの違い

パーソナルトレーニングジムとフィットネスクラブの特徴をそれぞれご紹介します。何が違うのか、メリット・デメリットなどを分かりやすく解説します。

パーソナルトレーニングジムとフィットネスクラブはどこが違う?

「ダイエットはいつも挫折してしまう」「自分一人だと続かない」という人におすすめなのが、施設を利用してのトレーニング。従来は、いわゆるスポーツジムという言葉が浸透していましたが、最近ではフィットネスクラブという呼び方に変わってきていますね。

そして、もうひとつ。ここ数年でブームとなっているパーソナルトレーニングもあります。CMで人気のライザップがその代表格といえるでしょう。

自宅ではなく施設に通ってほぼ強制的に筋トレや運動に励むので、結果が得られやすいというのが共通点ですが、フィットネスクラブとパーソナルトレーニングの違いが分からない方も多いかと思います。

どちらにもメリット・デメリットがあり、トレーニング内容や利用体系が異なるため向き・不向きがあります。以下ではパーソナルトレーニングとフィットネスクラブの違いをまとめていますので、ご覧になったうえで、「自分が結果を出せるのは、どちらのタイプか」を判断してくださいね。

パーソナルトレーニングとは

パーソナルトレーニングで最も有名なのは、言わずと知れたライザップです。「ライザップ」という言葉ばかりが独り歩きしていますが、パーソナルトレーニングとは以下のような施設を指します。

つまり、一人一人にトレーナーがついて、ダイエットやボディメイクなどの目標に向けて運動や筋トレ、食事などの手厚いサポートが受けられるジムということになります。

パーソナルトレーニングのメリット・デメリット

では、パーソナルトレーニングのメリット・デメリットを説明していきます。

メリット

デメリット

多くのパーソナルトレーニングジムが、「○日間までに結果を出す」という目標を掲げていて、その期間内に最大限の結果を引き出してもらえるというのは大きなメリットです。その分、ハードなトレーニングや食事制限もありますが、「トレーナーのおかげで最後まで頑張れた」という声がほとんどです。ただし、必ず結果が出る分、費用は1ヶ月あたり10万円以上とかなり高額です。施設により異なりますが、大体25万~40万円くらいの費用がかかると思っていてください。ただし、何度も言いますが、結果重視なので本気で自分を変えたい人にはおすすめ。値段以上の価値が手に入ることでしょう。

フィットネスクラブとは

一方、フィットネスクラブとは、トレーニングマシンやスタジオプログラムなどを備えた複合施設のことを指します。いわゆる、全国展開するルネサンスやコナミスポーツクラブ、セントラルスポーツクラブなどで、おそらく住んでいるエリア内に必ずあるのではないかと思います。

フィットネスクラブの多くは会員制で、月額会員費用を払うことで、マシンやプログラム、スパなどを利用できる仕組みです。

フィットネスクラブは会員が好きな時間帯に施設に出向き、個人でマシントレーニグをしたり、スタジオレッスンに参加したりしながら、ダイエットや運動に励むというのが特徴です。

フィットネスクラブのメリット・デメリット

では、フィットネスクラブのメリット・デメリットにはどのようものがあるのでしょうか。

メリット

デメリット

なかには、マンツーマン指導を取り入れているフィットネスクラブもありますが、一般的には大人数のなかに入り、トレーニングをすることになります。自分の使いたいマシンが使えなかったり、ロッカーやシャワーが混んでいて順番待ちをすることもあるので、快適に利用するためには空いている時間帯を狙うなどの調整が必要になります。パーソナルトレーニングに比べると月会費は安く、続けやすいというメリットがありますので、健康維持や体型維持目的で長く続けたい人には向いているかもしれませんね。

PAGE TOP