HOME » 自分に合ったジムの選び方【知っておくべきポイント】 » パーソナルトレーニングとフィットネスの違い

パーソナルトレーニングとフィットネスの違い

パーソナルトレーニングジムとフィットネスクラブの特徴をそれぞれご紹介します。何が違うのか、メリット・デメリットなどを分かりやすく解説します。

パーソナルトレーニングジムとフィットネスクラブはどこが違う?

「ダイエットはいつも挫折してしまう」「自分一人だと続かない」という人におすすめなのが、施設を利用してのトレーニング。従来は、いわゆるスポーツジムという言葉が浸透していましたが、最近ではフィットネスクラブという呼び方に変わってきていますね。

そして、もうひとつ。ここ数年でブームになっているパーソナルトレーニングもあります。CMで人気のライザップがその代表格といえるでしょう。

自宅ではなく施設に通って筋トレや運動に励むため結果が得られやすいというのが共通点ですが、フィットネスクラブとパーソナルトレーニングの違いが分からない方も多いかと思います。

どちらにもメリット・デメリットがあり、トレーニング内容や利用体系が異なるため向き・不向きがあります。以下ではパーソナルトレーニングとフィットネスクラブの違いをまとめていますので、ご覧になったうえで、「自分が結果を出せるのは、どちらのタイプか」を判断してくださいね。

パーソナルトレーニングとは

パーソナルトレーニングでもっとも有名なのは、言わずと知れたライザップです。「ライザップ」という言葉ばかりが独り歩きしていますが、パーソナルトレーニングとは以下のような施設を指します。

つまり、一人一人にトレーナーがついて、ダイエットやボディメイクなどの目標に向けて運動や筋トレ、食事などの手厚いサポートが受けられるジムということになります。

パーソナルトレーニングのメリット・デメリット

では、パーソナルトレーニングのメリット・デメリットを説明していきます。

メリット

デメリット

多くのパーソナルトレーニングジムが、「○日間までに結果を出す」という目標を掲げていて、その期間内に最大限の結果を引き出してもらえるというのは大きなメリットです。その分、ハードなトレーニングや食事制限もありますが、「トレーナーのおかげで最後まで頑張れた」という声は少なくありません。ただし、必ず結果が出る分、費用は1ヶ月あたり10万円以上と高額です。施設により異なりますが、大体25万~40万円くらいの費用がかかると思ってください。ただし、何度も言いますが、結果重視なので本気で自分を変えたい人にはこれ以上ない施設です。値段以上の価値が手に入ることでしょう。

フィットネスクラブとは

一方、フィットネスクラブとは、トレーニングマシンやスタジオプログラムなどを備えた複合施設のことを指します。いわゆる、全国展開するルネサンスやコナミスポーツクラブ、セントラルスポーツクラブなどで、住んでいるエリア内で見かけた方も多いのではないかと思います。

フィットネスクラブの多くは会員制で、月額会員費用を払うことで、マシンやプログラム、スパなどを利用できる仕組みです。

フィットネスクラブは会員が好きな時間帯に施設に出向き、個人でマシントレーニングをしたり、スタジオレッスンに参加したりしながら、ダイエットや運動に励むというのが特徴です。

フィットネスクラブのメリット・デメリット

では、フィットネスクラブのメリット・デメリットにはどのようものがあるのでしょうか。

メリット

デメリット

なかには、マンツーマン指導を取り入れているフィットネスクラブもありますが、一般的には大人数のなかに入り、トレーニングをすることになります。自分の使いたいマシンが使えなかったり、ロッカーやシャワーが混んでいて順番待ちをすることもあるので、快適に利用するためには空いている時間帯を狙うなどの調整が必要になります。土日をメインに考えている人にとっては、少しやりづらい環境かもしれません。パーソナルトレーニングに比べると月会費は安く、続けやすいというメリットがありますので、健康維持や体型維持目的で長く続けたい人には向いているかもしれませんね。

パーソナルトレーニングとフィットネスクラブはどっちがいい?

パーソナルトレーニングはどんな人におすすめ?

パーソナルトレーニングは、これまであらゆるダイエットに失敗した方や継続できなかった方に最適な方法です。パーソナルトレーニングジムでは適切なトレーニングや食事管理など一人ひとりにあった方法を提案してくれるため続けやすく、効果も十二分に期待できます。短期間で結果を出したい方にもおすすめですが、コストが高いためなかなか踏み出せないという方も少なくないのではないでしょうか。

たしかにダイエットをしようと思えば、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は自分でもできますし、栄養学を勉強すれば食事制限もできます。しかし、そうした自己管理を徹底して続けるのはとても大変です。ダイエット開始直後はモチベーションが高いため継続しやすいですが、徐々にやる気は低下していくのが人の性…。結局ダイエットに失敗してしまうという負の連鎖に陥ってしまうでしょう。その点、パーソナルトレーニングジムなら専属のトレーナーが付き、食事面や運動面をマンツーマンでサポートしてくれるので安心です。

フィットネスクラブはどんな人におすすめ?

普段から自己管理ができている人にとっては、フィットネスクラブがおすすめでしょう。会員制のフィットネスクラブは、月額で7,000円から2万円ぐらいの会費がかかりますが、設備が整っているためさまざまなトレーニングを行なえます。追加料金を支払えば、トレーナーに指導してもらうことも可能。トレーニングマシンの使い方はもちろんですが、初心者の場合は、ダイエットや筋力トレーニングなどの目的に応じたメニューについても相談に乗ってくれます。これらの相談などには別料金が発生しますが、一度覚えてしまえば自分でメニューを組むことも可能です。

パーソナルトレーニングとフィットネスクラブどっちがダイエットに向いている?

ダイエットに向いているのはパーソナルトレーニングとフィットネスクラブのどちらでしょうか?まずダイエットに失敗してしまう理由から原因を探っていきましょう。

食事制限ダイエットの落とし穴

ダイエットの代名詞ともいえる食事制限ダイエット。食事に気をつけるのは良いことなのですが、大切なのはバランスです。自己流で食べる量を減らしすぎたり、特定のものを完全にカットしたりすると、大きなストレスになりかねません。

食事制限ダイエットのネックがリバウンドです。「つらい食事制限を乗り越えて、目標の体重になった!ダイエットはこれで終わり!」、この発想が落とし穴となります。好きなものを制限していた影響からなんでも食べてしまい、以前より体重が増えてしまった…というのは良くある話。食事制限の怖いところは、筋力の減少基礎代謝の低下を引き起こし、以前よりも「太りやすい体質」になってしまう可能性があること。そうした不安と戦いながらダイエットするのはストレスが溜まりますし、非効率的です。パーソナルトレーニングならプロのトレーナーが無理のない適切な食事制限を指導してくれるので安心です。

間違った運動方法をしている

フィットネスクラブに通っている方は、意外と間違った運動方法をしている場合があります。とくに女性の場合、ランニングマシンやエアロバイクなど、有酸素運動をメインに取り組んでいることが多く、筋力トレーニングを取り入れている方はあまり見かけません。意図的なら問題ないのですが、そうでなければダイエットに必要な運動の方法を勘違いしている可能性があります。ダイエット=有酸素運動に取り組めばいいというわけではありません。筋力トレーニングを行なったうえで有酸素運動を取り入れなければ、痩せやすい体は手に入らないのが実情。間違った運動方法を継続していては、ダイエットを成功させるのは難しいでしょう。

結局、ジム通いが継続できない

ジムに通う目的のほとんどは「ダイエットの成功」。しかし、ただ運動をするだけで「どれくらい痩せるか」の目標を明確にしてジムに通う人はあまりいません。そうなると結果がなかなか出ないまま、ジムに通い続けることになり苦痛に感じるようになります。また、女性の場合は、トレーニングマシンなどを使っていると男性から好奇の目に晒されることも。集中したいのに周囲の目がストレスになってしまい、ジム通いがイヤになってやめてしまうというケースさえあります。

初心者にはパーソナルトレーニングがおすすめ

上記の問題点をすべて解消してくれるのが、パーソナルトレーニングです。専属のトレーナーが適切なトレーニングメニューや食事制限を指導してくれますし、個室なので人目も気になりません。自己管理ができるダイエット上級者ならフィットネスクラブがおすすめですが、具体的な計画が立てられない初心者にはパーソナルトレーニングをおすすめします。

PAGE TOP