HOME » 自分に合ったジムの選び方【知っておくべきポイント】 » ジムの選び方(女性の場合)

ジムの選び方(女性の場合)

ジムボール

近年、健康への関心が高まっておりその中の一つとして気軽に行なうことができるスポーツの人気も年々アップしてきています。

それに伴ない、様々な種類のスポーツジムも増えてきています。たくさんのスポーツジムがある中で、皆さんは何を基準にジム選びをしているのでしょうか?

スポーツジムにはいろいろな形態がある!

公営ジム

町や市が運営している公的な施設としてのジムのことを指します。公共の施設なので使用料金が安く済むところがほとんどですのでリーズナブルに運動したいという方にはもってこいの場所でしょう。

ただ、当然トレーナーが付いているわけではないため本格的なトレーニングを希望する方やレクチャーを受けながらのトレーニングを希望する方には公営ジムは不向きであるかもしれません。

会員制ジム

会員制ジムとは、民間の会社が運営しているスポーツジムを指します。月謝制や回数制など料金形態はさまざまですが公営ジムに比べると値段は高くなります。

その分、器具の種類が豊富であったり、レクチャーしてくれるスタッフが常駐しているなどのサポート体制が整っているところが多いので、初めての人でも通いやすいのではないでしょうか。

また、サウナやお風呂が併設されているところも多いので通いやすい環境が整っています。

プライベートジム

プライベートジムはプロのトレーナーが付きっきりで指導してくれるジムです。マンツーマンでのトレーニングが中心になります。

こんなカラダになりたいという明確な目標があるのであれば確実に結果が出てるようにしっかりとサポートしてもらえるためプライベートジムに行く価値は高いでしょう。

また、運動だけでなく食事などの私生活の部分のアドバイスをしてくれるところもあります。このようにプロの手による手厚い指導がなされるというメリットの一方、前述した2つのジムに比べると料金が格段に高くなるというデメリットがあります。

スポーツジムを選ぶポイント

立地

どんな場所にあるジムに行くかで通いやすさが変わります。自宅付近・職場付近・駅近など、それぞれのライフスタイルに合わせて気軽に足を運べるということが何より重要になってきます。

自分のライフスタイルの動線の中にどのように組み込んでいくかがポイントになりますね。

営業時間

平日と休日、日中と仕事終わりなど、どの時間帯をメインに通うのかという部分も大きいポイントとなります。

最近は24時間営業のスポーツジムも増えてきていますので、時間にとらわれずに好きな時に通いたいという場合はそちらをおすすめします。

自分の生活リズムに合わせたジム選びをしていきましょう。

料金

冒頭でも述べましたが、ジムの形態によってかかる料金もさまざまです。

公営ジム

公営ジムは町や市が運営している公共の施設なので利用料金は安価なことが多いです。数百円で利用できるところがほとんどです。

会員制ジム

会員制ジムの料金幅としては7,000~15,000円くらいが相場です。プラン内容によって前後はしますが大体このくらいに納まることが多いでしょう。

パーソナルジム

パーソナルジムはマンツーマンでの個人指導となる点が他のジムと大きく異なる点です。

運動だけでなく生活全体をサポートしてくれるためその分、料金もグッと高くなります。例を言うと、期間2か月のプランがあったとしてそのようなプランで10万円以上かかるところがほとんどです。

出費もかさんできますね。ただ、その分、トレーニング内容も濃密なものになるためお金をかける価値はありそうです。

女性ならではのジム選びの着眼点

トレーニング

施設の豊富さ

トレーニング内容の豊富さももちろん大事ですが、例えば、アロマの香りを感じながらヨガができる、パウダールームにコラーゲンミストが完備されているなど女性に嬉しい設備やサービスがあると魅力度が倍増しますよね。

このような部分もチェックしておくべき点です。

衛生面

「常に綺麗な状態に保たれているか」「不快な思いをせず気持ちよく利用できるか」なども重要なポイントです。

衛生的な環境がきちんと整えられているかいないかでジムのイメージも左右されてくると思います。どうせなら細部までしっかりと手入れが行き届いているジムで気持ちよく運動したいですよね。

ジム選びで後悔しないために

これまでに述べた項目をじっくり考慮した上で、私たちがやるべきことは、気になるジムが見つかったら、即契約、ではなく、「体験・見学に行ってみること。」が大事です。

実際に見て、触れて、体験してみることが大切です。インターネットやパンフレットを見てみて、いいなと思ったとしても、実際に行ってみると、想像していたものと違った・・・というミスマッチが起こる可能性もあります。

イメージとのギャップを埋めるためにも大切なことです。ジムによっても、それぞれ特有の雰囲気がありますし、それは実際に行ってみないと分からないものです。

しっかりと段階を踏んで、自分に合うジム選びをしていきましょう。

PAGE TOP