HOME » 自分に合ったジムの選び方【知っておくべきポイント】 » ジムに通ってもダイエットできない人がいる理由

ジムに通ってもダイエットできない人がいる理由

スポーツジム初心者にありがちな、ダイエットできない理由や典型的な失敗例をまとめました。

ジムに通っていても痩せないのは何故?

ダイエットのためにフィットネスクラブに入会しても、なかなか痩せないという人、少なくないですよね。毎日ランニングマシンを使い、ヨガレッスンも受講、スイミングもしているのに「体重や体脂肪の減りがイマイチ…」、「汗をかいているのに痩せない…」、「痩せても体のアンバランスが解消されない…」というのはよくあること。それもそのはず、これらのトレーニングはすべて有酸素運動で、無酸素運動が入っていないからです。

ダイエットの基本は基礎代謝を上げること

それは、ダイエットの基本は基礎代謝を上げることだからです。基礎代謝が上げると、寝ている時でもカロリーが消費できるようになります。基礎代謝を上げるためには、筋肉量を増やすしか方法がないのですが、ランニングなどの有酸素運動だけでは筋肉量を増やすことはできません。

フィットネスクラブには、マシンを使うエリアと、筋トレを行うエリア、ランニングマシンやエアロバイクを使って有酸素運動をするエリアに分かれていますが、初心者だと、筋肉ムキムキの人が集う筋トレエリアは近寄りがたく、「邪魔してはだめかな」、「自分には場違いかな」などと思って、有酸素運動のエリアを利用しがちです。ところが、ランニングマシンやエアロバイクといった有酸素運動は筋肉量が増えるわけではないので、いくら頑張っても結果が出にくいのです。

有酸素運動だけではカロリー消費は非効率

有酸素運動で痩せない理由として、消費カロリーの問題もあります。ウォーキングやランニングをして最初は痩せても、続けるにつれて心肺機能が発達してくるため、カロリーが消費されにくくなってしまうのです。

また、同じような理由でヨガも痩せるという観点ではあまり効果はありません。ヨガも有酸素運動ですが、難しいポーズをとっても消費カロリーは1~2キロカロリーしかないそうです。ホットヨガで汗をかくと体重が減りますが、無理やり体内の水分をだしているだけで、一瞬だけやつれただけに過ぎないのです。

長時間のトレーニングも逆効果

また、運動やトレーニングは「長時間やればやるほど効果がある」とか「せっかくお金を払っているんだから長時間運動しよう」という人もいますが、これも逆効果です。長時間運動をしてしまうと「身の危険」を感じてしまい脂肪を蓄えようとしてしまうのです。トレーニングは長くても1時間程度にとどめるようにしましょう。

有酸素運動は、脂肪燃焼に効果的なのでダイエットには必要なものですが、有酸素運動ばかりに偏ってトレーニングしてしまうと効果が減少してしまいます。筋トレなどの無酸素運動もしっかり取り入れながら効率よくダイエットに励みましょう。

PAGE TOP