HOME » 自分に合ったジムの選び方【知っておくべきポイント】 » ジムに通ってもダイエットできない人がいる理由

ジムに通ってもダイエットできない人がいる理由

スポーツジム初心者にありがちな、ダイエットできない理由や典型的な失敗例をまとめました。

ジムに通っていても痩せないのは何故?

ダイエットのためにフィットネスクラブに入会しても、なかなか痩せないという人、少なくないですよね。毎日ランニングマシンを使い、ヨガレッスンも受講、スイミングもしているのに「体重や体脂肪の減りがイマイチ…」、「汗をかいているのに痩せない…」、「痩せても体のアンバランスが解消されない…」というのはよくあること。それもそのはず、これらのトレーニングはすべて有酸素運動で、無酸素運動が入っていないからです。

ダイエットの基本は基礎代謝を上げること

それは、ダイエットの基本は基礎代謝を上げることだからです。基礎代謝が上げると、寝ている時でもカロリーが消費できるようになります。基礎代謝を上げるためには、筋肉量を増やすしか方法がないのですが、ランニングなどの有酸素運動だけでは筋肉量を増やすことはできません。

フィットネスクラブには、マシンを使うエリアと、筋トレを行うエリア、ランニングマシンやエアロバイクを使って有酸素運動をするエリアに分かれていますが、初心者だと、筋肉ムキムキの人が集う筋トレエリアは近寄りがたく、「邪魔してはだめかな」、「自分には場違いかな」などと思って、有酸素運動のエリアを利用しがちです。ところが、ランニングマシンやエアロバイクといった有酸素運動は筋肉量が増えるわけではないので、いくら頑張っても結果が出にくいのです。

有酸素運動だけではカロリー消費は非効率

有酸素運動で痩せない理由として、消費カロリーの問題もあります。ウォーキングやランニングをして最初は痩せても、続けるにつれて心肺機能が発達してくるため、カロリーが消費されにくくなってしまうのです。

また、同じような理由でヨガも痩せるという観点ではあまり効果はありません。ヨガも有酸素運動ですが、難しいポーズをとっても消費カロリーは1~2キロカロリーしかないそうです。ホットヨガで汗をかくと体重が減りますが、無理やり体内の水分をだしているだけで、一瞬だけやつれただけに過ぎないのです。

長時間のトレーニングも逆効果

また、運動やトレーニングは「長時間やればやるほど効果がある」とか「せっかくお金を払っているんだから長時間運動しよう」という人もいますが、これも逆効果です。長時間運動をしてしまうと「身の危険」を感じてしまい脂肪を蓄えようとしてしまうのです。トレーニングは長くても1時間程度にとどめるようにしましょう。

有酸素運動は、脂肪燃焼に効果的なのでダイエットには必要なものですが、有酸素運動ばかりに偏ってトレーニングしてしまうと効果が減少してしまいます。筋トレなどの無酸素運動もしっかり取り入れながら効率よくダイエットに励みましょう。

リバウンド

ダイエットを止めた後に、ダイエットを始める前と同じ体重に戻ってしまうこと、もしくはダイエット開始前よりも体重が増えてしまうことをリバウンドと言います。ダイエットを経験した多くの人が、ダイエット後のリバウンドも経験しています。

ジム通いをしてせっかくダイエットに成功しても、しばらくジムに通わなくなるとリバウンドをすることがあります。リバウンドはどうして起きるのでしょうか。リバウンドの仕組みについて考えていきます。

リバウンドの仕組み

ホメオスタシス

身体の中には、ホメオスタシスという機能が備わっています。ホメオスタシスは、恒常性とも呼ばれる機能のことで、外部の要因や体の内部の要因に関わらず体の状態を一定に保つ機能のことをいいます。

例えば、雪が降る寒い日でも、強い日差しの降り注ぐ夏でも、人間の体温は外の気温に関わらず一定に保たれています。これもホメオスタシスの一つです。

ホメオスタシスとダイエットの関係

ダイエット中は、運動に加え食事の制限も行うことが多くなります。食事の量が減るということは、体の中に入ってくるエネルギーの量も少なくなるということです。入ってくるエネルギーが少なくなると、身体の中は少ないエネルギーでもこれまでと同じ状態を維持しようとして、省エネモードになり、エネルギーの燃焼効率を抑えます。つまり、エネルギーが消費されにくい、痩せにくい状態となります。

この機能がホメオスタシスであり、ダイエットをしてしばらくすると体重が落ちない停滞期に入るのもこのホメオスタシスが原因であり、ダイエットを中止してリバウンドが起こるのもこのホメオスタシスの働きによるものです。

運動とリバウンドの関係

食事制限ダイエットを行うと、ダイエットを終え食事量を戻した後にリバウンドが起きやすくなります。それは、食事量を増やしても、ホメオスタシスにより身体が省エネモードになっているため、エネルギーが消費されにくい状態だからです。では、運動によるダイエットを止めた場合は、リバウンドは起きるのでしょうか?

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を長時間行うことでダイエットを行っていた場合にも、長時間の運動にも耐えうるようにとホメオスタシスが働き、エネルギー消費を抑え省エネモードに入ります。したがって、運動を止めてしまった場合でも、しばらくは燃焼効率の悪い状態となり、同じエネルギーを摂取した場合は、太りやすい体にとなってしまいます。

リバウンドをしないためには

極端な食事制限をしない

1ケ月の体重の減少目標は、体重の5%以内が良いとされています。極端に食事量を減らすことなく、栄養バランスを考えて適量の食事を摂ることが大切です。特にたんぱく質は筋肉を構成する成分となるため、肉や魚、大豆などのたんぱく質をしっかり取るようにします。

適度な運動を取り入れ、筋肉量をアップする

食事制限や長時間の有酸素運動などで、急激なダイエットを行うことは、筋肉の量を減らし基礎代謝を悪くすることにつながります。基礎代謝が悪化すると、同じ摂取カロリーでも燃焼効率が悪いため、痩せにくい体になります。

筋肉量を増やすために、無酸素運動や有酸素運動を組み合わせ、生活の中に適度な運動を

取り入れることが大切です。

無理な目標を立てない

短時間での急激なダイエットはリバウンドを招く最大の要因となります。無理せず、長く継続できるダイエットを実践するように心がけます。そのためには、短期間ではなく長期間における緩やかな体重減少の目標を立てることが必要です。

継続的なダイエットは、体重が緩やかに減少するため、ホメオスタシスによるエネルギー消費の抑制も避けることができます。また、自分の身体自体も徐々に減る食事量や継続できる適度な運動が習慣となり、太りにくい生活スタイルへと変換することができます。

脂肪の減らし方

消費カロリー

食事により摂取されるカロリーが消費カロリーよりも上回るとき、余剰なカロリーが脂肪として体に蓄えられることになります。したがって、消費カロリーを摂取カロリーよりも多くすること、消費カロリー>摂取カロリーとすれば、脂肪が減ることとなります。

この消費カロリー>摂取カロリーとするためには、食事を栄養のバランスよく適量なものに変えること、そして運動によりエネルギーを消費することが必要となります。

筋肉量を増やして代謝をアップ

筋肉量を増やせば、基礎代謝がアップし、エネルギー消費効率が良くなります。筋肉量を増やすためのトレーニングやジョギング、ウォーキングなどの有酸素運動を適度に取り入れ、身体をエネルギーの燃焼効率の良い身体へと変えることが大切です。

筋肉は脂肪よりも重いため、筋肉量が増えても体重が減るとは限りません。ダイエットは、体重を減らすだけの「痩せる」ことと考えているようであれば、筋肉量を増やし、基礎代謝の良い健康で美しいバランスの肉体に変えることと認識しなおすことも必要なことです。

PAGE TOP