HOME » ダイエット&ボディメイクの基礎知識 » Q&A

Q&A

ダイエットにまつわる質問や、誤解されがちな俗説をQ&A式でご紹介します。正しい知識をもって、効率よくダイエットに励みましょう。

ダイエットに関する質問・疑問Q&A

ダイエットに欠かせない筋力トレーニングや食事管理にまつわるQ&Aをまとめました。

筋トレ編

Q.負荷の高いトレーニングをすると女性も男性と同じように、筋肉がムキムキになってしまうのではないですか?
A.結論から言うと、女性は男性のようながっしりとした筋肉は作れません。男性ホルモンに似たテストステロンを注入すれば筋肉を発達させることはできますが、普段のトレーニングレベルでムキムキの筋肉になることはまずないので安心してください。

Q.筋トレをやめると筋肉が脂肪になるって本当ですか?
A.トレーニングをして筋肉量が増し休息をとると、超回復という現象が起こり、元の状態よりも筋肉量が増えるようになります。ですから、休息をとったからといって、筋肉が脂肪になることはありません。

Q.年をとると筋肉痛が数日後に来る?
A.これは俗説の典型ですが、筋肉痛の加齢遅延説は医学的に証明されていません。

Q.筋肉痛を予防するにはどうすれば良いですか?
A.トレーニング前にカップ一杯のコーヒーを飲むと筋力と持続力がアップするため、筋肉痛になりにくいと言われています。また、トレーニングの30~40分前にタンパク質が含まれているような軽食を摂っておくと良いでしょう。

食事編

Q.筋肉量を増やすにはタンパク質が良いそうですが、たくさん摂っても大丈夫ですか?
A.タンパク質は筋肉量を増やす元となるので摂取が推奨されていますが、多量に摂取すると腎臓に負担がかかったり、脂肪が溜まったりするリスクもあります。1日あたり体重×1~1.25gくらいのタンパク質を摂取するようにしましょう。また、タンパク質は溜めておけないので、一度に摂るのではなく何回かに分けて摂取しましょう。

Q.炭水化物は抜いた方が痩せますか?
A.炭水化物を全くとらずにいると動脈硬化のリスクや寿命が縮まるなどのリスクがあるため、完全に抜くのではなく「摂り過ぎに注意する」くらいにしましょう。また、炭水化物にもタンパク質が含まれるため、主食を抜くときはタンパク質を多めに摂るようにしてください。

Q.朝食を抜いても良いですか?
A.朝食は、寝ている間に消費されたブドウ糖を補い、集中力を高めたり、昼食や間食の食べ過ぎを防ぐ役割も担っています。また、朝食を食べずに昼食を食べると、血糖値が急激に上昇してインスリンが過剰分泌するため、脂肪がつきやすくなってしまいます。朝食は、フルーツやヨーグルトなど、手軽に食べられて栄養のあるものを選んで摂るようにしましょう。

PAGE TOP