HOME » ダイエット&ボディメイクの基礎知識 » Q&A

Q&A

ダイエットにまつわる質問や、誤解されがちな俗説をQ&A式でご紹介します。正しい知識をもって、効率よくダイエットに励みましょう。

ダイエットに関する質問・疑問Q&A

ダイエットに欠かせない筋力トレーニングや食事管理にまつわるQ&Aをまとめました。

筋トレ編

負荷の高いトレーニングをすると女性も男性と同じように、筋肉がムキムキになってしまうのではないですか?

結論から言うと、女性は男性のようながっしりとした筋肉は作れません。男性ホルモンに似たテストステロンを注入すれば筋肉を発達させることはできますが、普段のトレーニングレベルでムキムキの筋肉になることはまずないので安心してください。

歳をとると筋肉痛が数日後に来る?

これは俗説の典型ですが、筋肉痛の加齢遅延説は医学的に証明されていません。

筋肉痛を予防するにはどうすれば良いですか?

トレーニング前にカップ一杯のコーヒーを飲むと筋力と持続力がアップするため、筋肉痛になりにくいと言われています。また、トレーニングの30~40分前にタンパク質が含まれているような軽食を摂っておくと良いでしょう。

 

トレーニング中のおすすめ食事を見る>>

エステとジムを組み合わせた効果は?

外部からアンチエイジングを行なうエステサロンと、内部を活性化することでメリハリのあるボディを作り上げるパーソナルトレーニングジム。エステで基礎代謝を上げたあとトレーニングを行なうことでダイエット効果がアップするうえ、美も得ることができます。

両方向からのアプローチで効果的な美容効果を得られますが、別々に通うとなると大変です。サロンとジムの両方行なっているところもあるので、どちらも並行して行ないたいならそちらを選ぶといいでしょう。

エステ付きのパーソナルトレーニングジム4選を見る>>

性別による筋肉の違いと女性の筋トレ方法は?

女性と男性では、同じトレーニングを行なっても筋肉のつき具合に差が出ます。これはホルモンバランスの関係が原因です。男性の場合は筋肉が大きくなりやすいのに対し、女性は筋肉が引き締まって細くなる傾向にあります。女性が一般的なトレーニングを行なうなら筋肉が付き過ぎることはないので安心してください。

ただし、理想のボディを手に入れるためには正しいメニューを組むことが大切で、よほどのトレーニングマニアでない限り途中で挫折してしまうでしょう。本気でダイエットに取り組みたいのであれば、プロトレーナーに指導してもらうのが楽しいですしベターです。

女性におすすめのボディメイクジムを見る>>

筋トレダイエットにおすすめのタイミングと時間帯、頻度は?

筋肉を発達させれば新陳代謝を促進し、脂肪が燃焼しやすくなります。そのためには筋トレは必要不可欠ですが、やみくもにトレーニングを行なえばいいものでもありません。

筋トレをした後は、筋肉が損傷している状態になります。いわゆる筋肉痛です。それを修復するのが「超回復」という傷ついた筋肉を回復させる過程になります。そのため、トレーニングをする日としない日を明確にしなければなりません。時間帯はいつでもかまいませんが、週に3回程度を目安 にトレーニングするのが理想的です。

食事編

筋肉量を増やすにはタンパク質が良いそうですが、たくさん摂っても大丈夫ですか?

タンパク質は筋肉量を増やす元となるので摂取が推奨されていますが、多量に摂取すると腎臓に負担がかかったり、脂肪が溜まったりするリスクもあります。

1日あたり体重×1~1.25gくらいのタンパク質を摂取するようにしましょう。また、タンパク質は溜めておけないので、一度に摂るのではなく何回かにわけて摂取しましょう。

タンパク質が取れる食品一覧を見る>>

炭水化物は抜いた方が痩せますか?

炭水化物をまったくとらずにいると動脈硬化や寿命が縮まるリスクがあるため、完全に抜くのではなく「摂り過ぎに注意する」くらいにしましょう。また、炭水化物にもタンパク質が含まれるため、主食を抜くときはタンパク質を多めに摂るようにしてください。

朝食を抜いても良いですか?

朝食は、寝ている間に消費されたブドウ糖を補い、集中力を高めたり、昼食や間食の食べ過ぎを防ぐ役割も担っています。また、朝食を食べずに昼食を食べると、血糖値が急激に上昇してインスリンが過剰分泌するため、脂肪がつきやすくなってしまいます。

朝食は、フルーツやヨーグルトなど、手軽に食べられて栄養のあるものを選んで摂るようにしましょう。

お酒を飲んでも太らない?

お酒に含まれているカロリーは、「エンプティカロリー」といって脂肪になりにくいものです。そのため、飲酒が直接的に体重の増加に繋がるわけではありません。

ではなぜお酒を飲むと太ってしまうのでしょう?それは、お酒の量に問題があります。人間の身体はアルコールが体内に入ると優先的に分解。そうすると他の食べ物の消化が遅くなり体内に蓄積され脂肪となるのです。いくら糖質オフのお酒を飲んでも、アルコールが大量に体内に入ると太ってしまうため注意しましょう。

食事の前に野菜を食べると痩せるってホント?

食事前に野菜を食べたからといって、痩せるわけではありません。身体のメカニズムとして胃袋に食べ物が入ると満腹中枢が刺激され、食欲が抑制。そうすると、その後に食べる量が少なくなり、結果的にカロリーを制限できるわけです。

また、野菜には食物繊維が多く含まれており、炭水化物やタンパク質を吸収されにくくするため「太りにくくなる」ことにも繋がります。しかし、野菜を食べても食事の総量が変わらなければまったく効果がないので気をつけてください。

1日に30品目以上食べないといけない?

一昔前までは、いろいろな栄養素を取り入れるため、1日に30品目の摂取が理想と言われていました。しかし、現在では必要な栄養素を満たしていれば30品目にこだわる必要はないと言われています。

とはいえ、毎日できるだけ数多くの種類の食品を摂り、1日に必要な栄養素を摂らなければなりません。とくにダイエットで食事制限をすると栄養が偏りがち。バランスのよい食事を心がけ、必要ならサプリメントで補うこともおすすめします。

PAGE TOP