HOME » ダイエット&ボディメイクの基礎知識 » 有酸素運動と無酸素運動

有酸素運動と無酸素運動

 ダイエット成功に欠かせない、有酸素運動と無酸素運動の違いとそれぞれの役割について解説します。正しい知識を持ち、効率よくダイエットに励みましょう。

有酸素運動と無酸素運動にはそれぞれ役割がある

ダイエットの知識がある人は有酸素運動と無酸素運動の違いを知っているかと思いますが、明確に違いを言える人は少ないのではないでしょうか。ダイエットというと「運動」が効果的ですが、運動と言っても大きく有酸素運動と無酸素運動の二つに分かれていて、それぞれ得られる効果は異なります。

有酸素運動とは

有酸素運動は、大量の酸素を必要とする運動のことを言います。酸素を燃焼材料とし、体内に蓄えられている脂肪をエネルギーとして燃焼できるため、糖や脂質を効率よく燃焼できるというのが特徴です。代表的な運動は、ウォーキング・ジョギング・サイクリング・縄とび・水泳などです。これらの運動を20分以上続けると、より効率よく脂肪を燃焼することができます。また、有酸素運動は下半身の大きな筋肉を使うので、血流改善が期待でき、健康維持や美肌づくりにも良いとされています。

無酸素運動とは

無酸素運動とは、酸素をあまり使わずにできる運動のことを言います。代表的な無酸素運動は重量上げや早いスピードで行うスクワット、短距離走などで、短時間で強度を上げて運動を行うのが特徴です。これらの運動は瞬間的に強い力を出しますが、その時に体内にある糖質が原料となります。筋トレは有酸素運動のように大量の汗をかいたりするわけないので、ダイエットに効果がないと思われがちですが、基礎代謝を上げるためには欠かせない運動です。それは、筋トレで筋肉量が増えると基礎代謝があがり、寝ている時でも脂肪が燃えやすい体質になるからなのです。一説によると、筋トレで筋肉が1kg増えると基礎代謝が1日50kcal増加するという話もあります。

有酸素運動・無酸素運動をバランスよく取り入れよう

有酸素運動は脂肪を燃焼し、無酸素運動は基礎代謝を増やすという役割があります。結論としては、どちらも必要な運動です。無酸素運動と有酸素運動をバランスよく取り入れていけば、ダイエット効果も、健康維持にもより高い効果が得られます。

ただし、両方行う場合は無酸素運動を先に行い、その後有酸素運動を行うようにしましょう。運動をはじめると有酸素運動であっても、しばらくは無酸素運動の代謝がメインとなるため、先に無酸素運動を行ったほうが効率が良いからです。

いずれにしても、運動配分や効果的な運動法を素人が実践するのは難しいことなので、トレーナーやインストラクターの指導を受けながらだと安心ですね。

PAGE TOP