HOME » ダイエットのマル秘テク!部分痩せ・引き締めの方法 » お腹・ウエスト

お腹・ウエスト

お腹とウエストを細くしてメリハリボディをGET!お腹まわりの部分痩せのコツやダイエット方法をまとめました。

お腹・ウエスト痩せに効果的!おすすめダイエット方法

中年のおじさんのようにぷよぷよとしたお腹に、年々お肉がつきやすくなるウエスト。若い頃に比べて、お腹まわりの脂肪がつきにくくなったと実感する方も多いのではないでしょうか。お腹がぽっこりしていると老けて見えたり、洋服もおしゃれに着こなせなかったり、女性にとっては一利なしです。

そこで、お腹や背中の部分痩せにぴったりなダイエット法をご紹介します。食事やエクササイズなど、最低限おさえるべきポイントなのでしっかり覚えておきましょう。

まずは体脂肪を落とすことを意識

年を取るにつれておなかの脂肪が増えていくのは、お腹まわりを支える筋肉が弱くなるからです。そのため、筋トレが必要になりますが、いきなり本格的なトレーニングをするのではなく、体脂肪を落として痩せやすい体の土台を作っておきましょう。

痩せやすい体づくりにはタンパク質が欠かせません。肉や魚、豆製品などからタンパク質を摂るようにしましょう。消費カロリーを多くして摂取カロリーを抑えれば、必ず脂肪は落ちてきます。

良い姿勢を心がける

意外ですが、姿勢を正すだけでもお腹やウエストの引き締めに効果があります。お腹をギュッとへこませて、体のコアを意識し続けるだけで腹筋が鍛えらます。姿勢を正すと、背筋やお尻が鍛えられるので、全身のスタイルアップ効果も大です。

お腹に力を入れて歩く

歩きながらできる究極の“ながら”ダイエット法。歩くときにお腹をへこませることを意識するだけで腹筋が鍛えられえます。ある研究結果によると、40%以上もエネルギー消費量が上がるそうです。

朝に有酸素運動をする

朝にウォーキングやランニングをすると、代謝の良い状態が5~6時間ほど続きます。朝に時間がとれない人は、家事をする時に大きく動作するだけでも違うので実践してみてください。

呼吸腹筋トレーニング(ドローイン)

自宅で手軽にできる、筋トレ初心者向けの簡単エクササイズです。

  1. 仰向けに寝て、床と腰の間に手を入れる。床と腰の間に隙間ができたら腰から手を抜く。
  2. へその下に両手を置き、軽くお腹に力を入れる。ゆっくり息を吐きながら、下腹を優しく押す。
  3. お腹をへこませたまま、息を吸いつつ、お腹をゆっくり膨らませる。
  4. 【3】を1分間に2回繰り返す。

お腹ねじり運動

フェイスタオルの両端を持ち、腕を上に伸ばして肩をひらきます。その状態でウエストをひねるのも、お腹やウエスト回りの引き締めに効果的です。

PAGE TOP