HOME » どの方法が痩せやすい?ダイエット方法を徹底比較 » 痩身エステvsヨガ

痩身エステvsヨガ

マッサージを中心に行なう痩身エステと、柔軟性を鍛えるヨガでは、どちらが痩せられるのでしょうか。それぞれの効果やメリットとデメリット、おすすめのダイエット方法を調査しました。

効果比較

痩身エステとヨガの効果について紹介します。ダイエットを目的にしている場合では、それぞれどれほどの効果を得られるのでしょうか。

痩身エステの効果

エステを受けている女性

痩身という名がついていますが、エステの主たる目的は美容です。ハンドマッサージや痩身マシンの施術が受けられますが、それだけで痩せられるわけではありません。日頃の運動や食生活を改善していく必要があるのです。

痩身エステで得られるダイエット効果はあくまで一時的なもので、継続して通わなければリバウンドしてしまうことがほとんどです。

ヨガの効果

ヨガをしている女性

ヨガ本来の目的は柔軟性の向上や、リラックス効果を得ることです。体幹を鍛えるポーズも多くありますが、実は体幹を鍛えてもカロリー消費にはそこまで影響を与えません。

ヨガをして痩せている人の多くは、同時に食事管理を取り入れています。

メリット・デメリット比較

痩身エステとヨガの主なメリットとデメリットをまとめ、一覧にしました。一目でわかる違いで、あなた自身に合った最適なダイエット方法を見つけましょう。

痩身エステのメリット・デメリット

メリット

特殊なダイエット法が受けられる

痩身エステでは、自宅ではできないような超音波やカッピング、リンパマッサージといったお手入れが受けられます。

ダイエットについてのアドバイスがもらえる

美容と健康に関して、プロの目線でアドバイスをもらえます。

厳密な体重測定や採寸をしてもらえる

体重やウエストに限らず、全身をくまなく採寸。自分の変化がわかりやすいため、目標が立てやすくなります。

デメリット

単発では効果が出にくい

エステのダイエット効果は一時的なもの。維持するためには継続して通う必要があります。

費用がかかる

1回の施術で1~3万円程度とかなり高額な費用がかかります。エステはイベント事の前に通う人がほとんどです。

施術には痛みが伴う

揉み出しやマッサージは痛みを伴うため、強い意思を持って施術に臨む必要があります。

ヨガのメリット・デメリット

メリット

身体が柔らかくなる

身体が柔らかくなると、ケガの予防や肩こりの改善などに効果的です。

体幹が鍛えられる

体幹が鍛えられ、引き締まった身体を作れます。身体のラインが美しくなる、姿勢が良くなるなどの効果もアリ。

場所や時間に縛られにくい

ヨガのポーズを覚えるとともに、マットがあれば、時間や場所に関係なく気軽にトレーニングが行なえます。

デメリット

ポーズを覚える必要がある

ヨガ未経験者であれば、ヨガ教室に通ってポーズを覚える必要があります。ケガ防止のためにも始めは経験者に指導してもらいましょう。

消費カロリーが少ない

体質改善によるダイエットの効果は見込めますが、体幹を鍛えるだけでは消費カロリーはそこまで高まりません。

総括

ダイエットよりも美容をメインに考えている人には、どちらもおすすめの施術と言えます。とはいえ、痩身エステとヨガでは根本的な目的や、メリットとデメリットも違ってくるので、目的に合わせたダイエット法を選びましょう。

「きれい痩せ」をとことん追求するならパーソナルトレーニング

「ボディラインを残しつつも、体重は減らしたい」と考える女性は少なくありません。ただ、その理想は痩身エステでもヨガでもなかなか叶えるのが難しいでしょう。対照的に、「きれいに痩せる」が狙えるのがパーソナルトレーニングです。ダイエットや筋肉に関する専門の知識を持ったプロのトレーナーがマンツーマンで指導を行なうため、正しいトレーニング方法で痩せることができます。

加えて見逃せないのは、エステとパーソナルトレーニングジムが併設しているジムの存在。エステで基礎代謝を上げた直後に計画的なトレーニングを行なうことで、ダイエット効果を最大限に引き出すことができます。食事管理もしてくれるため、外面の美しさだけでなく内面の美しさも同時に磨けるでしょう。

PAGE TOP