HOME » 年代別に見る女性のトレーニング法【ジム編】 » 30代女性のトレーニング法【ジム編】

30代女性のトレーニング法【ジム編】

新陳代謝が落ちはじめ、痩せにくくなってしまうのが30代の特徴です。とくに運動をしていない場合、10代や20代のころのような不規則な生活を送っていては太っていく一方です。ここでは健康的にダイエットするための、30代女性のジムでのトレーニング方法をご紹介。パーソナルトレーニングを受けた人の口コミも載せています。

30代女性はなぜ痩せにくい?

お腹の脂肪が気になる女性

10代や20代のときのようにアクティブな活動が減ってしまいがちな30代。それだけで単純に消費エネルギーが少なくなるため筋肉量が減って新陳代謝が低下。代謝が落ちると脂肪が消費されず蓄積しやすくなります。食べたものがそのまま中性脂肪になり、体脂肪や皮下脂肪として蓄えられるようになってしまうのです。

20代のようにメリハリのあるすらっとした身体を取り戻したいのなら、ジムに行くのがおすすめ。なかでも、ダイエットの専門知識を持つパーソナルトレーナーのアドバイスが受けられるパーソナルトレーニングジムに行くことが、理想の体型になる近道です。

30代女性のジムでのトレーニング法

メリハリのある体形を作りたい場合

胸や背中、脚といった大きな筋肉を鍛えることで身体全体のシェイプアップが可能。それに加えて二の腕や背中の筋肉を集中的にトレーニングすることでメリハリボディを手に入れられます。しかし、特定の部位だけ脂肪を減らすことはできません。狙った部位を理想の形にするにはコツが必要です。

トレーニングの基礎は代謝量を増やしやすい大きな筋肉をメインメニューにして、狙った部位をサブメニューとして組むこと。地道に筋肉を鍛えることで、各部位の老廃物が取り除かれスッキリするはずです。女性は男性と違って筋肉が付きにくい体質なので、すぐ筋肉質な体型になるわけではないため安心してください。

産後ダイエットの場合

出産直後は体力が低下しているため、すぐにダイエットを始めてはいけません。まずは体力が回復するのを待ちましょう。最低でも1ヶ月検診で異常がないことを確認してからダイエットを開始してください。出産すると骨盤が開くため、自律神経や内臓に負担がかかります。その影響で体重調整がうまくいかず太りやすくなってしまうとのこと。

産後のダイエットには骨盤矯正メニューをトレーニングに組み込むと良いでしょう。デリケートな時期のダイエットになるため、体調に気を付けて慎重に行なってください。

ちなみに、妊娠中に体重が増えすぎると、産後ダイエットに時間がかかるので注意が必要です。とはいえ、栄養を十分に取らないと胎児にも影響が出る恐れがあるため、妊娠中に食事制限を行なう場合は必ず産婦人科の医師の指示に従いましょう。

ジムを利用した30代女性の口コミ

PAGE TOP